意欲のアピールが重要な面接

面接に合格するためには何が必要でしょうか。

意欲のアピールが重要な面接
ENTRY

面接に合格するためのコツ

面接に合格するためには何が必要でしょうか。確実に合格する方法などはありません。しかし、確立をぐっと高める方法はあります。まずその会社がどのような人材を求めているか、について研究することが必要です。志望者の中には面接対策などをせずにありのままの自分をさらけ出すべきだという人がいます。しかし、これは大きな誤りです。必ずその会社が求める基準ないし内容があります。例えば、外資系のコンサル業界のグループワークではいかに多くの発言をすることができるか、に重点が置かれていることが多いです。実は、発言の内容それ自体の価値はほとんど重視されていません。また、商社の中でも体育会系色が強い会社では面接時の声の大きさ、はきはきとした受け答え等が重視されていますが、他方でインテリ系の商社では品の良さ、コミュニケーションの丁寧さ、論理的思考といったものが重視されています。志望する会社がどのような人材を求めているかについては、先に入社した社員の方や業界研究本から相当程度推測することができます。このような情報を収集することが極めて大事であり、就職活動対策として最も有用です。面接も試験である以上、対策が必要というわけです。

面接での成功するためのポイントの一つが服装です。そんなことより中身の方がが大事だという方もいるかと思いますが、これは大きな誤りです。特に面接の初期(1次面接等)にあっては、志望者の服装は非常に重要なポイントです。1次面接では多くの学生をふるい落とすために、面接官が服装についてもチェックする必要があるからです。この場合、意識的であると無意識的であるとを問わず減点されます。このようなミスを犯すのは、細心の注意が足りず、人格的にも信頼が置けないことの表れであるというのが面接官の理屈です。面接官は必ずといっていいほど志望者の全身を観察しています。具体的には、スーツの型や靴の形、ネクタイの色や形がカジュアルすぎるものは避ける、スーツのボタンの一番下を開けてくこと、寝ぐせの有無等です。これらの事項は、普段スーツを着なれていない学生にはなじみがないことなので、無意識のうちのミスをしてしまっている可能性があります。そこで、紳士服洋品店(大規模量販店でも良いです)でリクルートスーツを店員に見立ててもらうことをお勧めします。彼らはスーツのことはすべて知り尽くしており、リクルートスーツと一般の業務用のスーツとの違いをよく理解していますから、必ず適切なアドバイスをしてくれます。